共働きで犬を飼いたいけど、留守中に子供に世話をさせても大丈夫なのか?って心配になっていませんか?


17時や18時まで仕事で、その間、犬にトイレを我慢させるのも不憫だな〜って思って、子供に世話をさせたいですが、心配ですよね。





この記事では、留守中に子供に世話をさせることって安心なのか?大丈夫なのか??ってことが載っています。

子供たちだけで、散歩に行かせるのはちょっと危ない



10歳くらいの子供に、一人で犬の散歩をさせるのはちょっと危ないですよね。


万が一の不足の事態が起こった場合、子供が一人で色々と対応できるのか怪しいですよね。


なので、12歳くらいの子供なら対応できそうかもですね。


万が一の事故や不足の事態に備えて、すぐに連絡できるようにスマホを持たせて散歩させましょうね。

散歩不要な小型犬を飼うのもあり



子供に散歩をさせたくなかったら、散歩があまり必要ない小型犬を飼うのもアリですね。


チワワやシーズーなど、たま〜に外で散歩させるくらいでも、運動量でも足ります。


ペットシッターにお金をかけるのもあり



日中に、子供に散歩させたり、世話をさせたりするのが怖いなら、ペットシッターさんにお金を払って、世話をお願いするのもいいですね。


1回あたり5000円くらい取られるらしいですがw

子供の教育として割り切って、子供と犬の世話についてしっかり話し合う



犬を飼うのって、子供の精神的な成長にもすごく役立ちます。


子供の教育のため!って割り切って、いっそうのこと、子供にしっかり世話をさせてみるのもいいですね。


その際には、しっかりと子供と話し合って、平日は散歩だけしっかりする!など約束事を決めましょうね。