最近、子犬を飼い始めたかもしれないあなた。


子犬のトイレトレーニングで、めんどくさくない方法ってあるのかな?って思っていませんか?


この記事では、子犬のトイレトレーニング方法について、めんどくさくない方法を何パターンか紹介します。


この記事を読むメリットは、子犬のトイレトレーニングの不安から解消されることですね。


トイレシートを敷き詰めて徐々に減らす方法



犬のケージ内にトイレシートを敷き詰める方法は、割と初心者向けでおすす目です。


トイレシートをケージ内に敷き詰めて、犬がウンコやおしっこをよくする場所のみに、トイレシートを配置して、徐々にトイレシートの数を減らしていく方法です。


犬が、自分でトイレの場所を決めれて、トイレの場所も覚えれるので、あまりしつけしなくてもよくて楽にトイレを覚えれます。


犬のきれい好きな習性に合わせて、寝床とトイレを分ける方法



犬って、結構きれい好きな動物です。


ケージ内で、寝床の部分とトイレの部分をまず分けます。


犬がトイレに行きたそうなそぶりを見せたら、トイレの部分に誘導しておしっこをさせる方法。

この方法のメリットは、犬の習性に即しているので、簡単に子犬でもトイレを覚えられるという点。


デメリットは、ずっと飼い主が観察している間しかできないので、時間が取られて面倒っていうことですね。

犬がトイレにいくタイミングは、寝起きと食後と寝る前



そもそも、犬がトイレにいくタイミングって知っていますか??


寝起きと、食後と寝る前なんです。


人間と似ていますねw


そのタイミングで、おしっこしそうかな??って思ってちゃんと見張って、トイレまで誘導することも大事です。


おしっこの時のコマンド知っていますか??



おしっこの時の、声かけコマンドってあるの知っていますか??



犬からしたら、そうやって声をかけられることで、意識的にここはトイレなんだ!ってことが刷り込まれます。


その結果、トイレトレーニングもうまく行きます。