共働きでペットを飼いたいけど、犬と猫どっちがいいんだろう?って思っていませんか?


この記事では、共働き家庭で、犬と猫どっちを飼えば楽なのか??っていうことと、共働き家庭での飼い方が記載してあります。

猫の方がオススメの理由



犬より、猫の方が共働き家庭での飼育は、適しています。


なぜなら、猫は一人遊びが好きな子が多く、孤独に強いからです。

ただ、環境の変化や気温の変化にはちょっと弱いので、しっかりと飼い主が色々と環境の管理をしてあげることは必須です。


猫を飼う際には、まずはケージ内に入れてお留守番させる


猫を飼う際には、まずはケージ内でお留守番をさせておきましょう。

なぜなら、子猫はやんちゃなので、ケージから出すと怪我をする恐れがあるからです。


なので、最初はケージ内で留守番をさせます。

あなたが帰宅したらケージから出してあげて、自由に遊ばせます。


遊ばせておくときに、猫の行動を観察しておきましょう。


色んな物に興味を持っていたずらするタイプの子だった場合、どうでしょうか??


イタズラされそうなものは、しっかりと事前に隠しておかないと怪我の元です。



こう言った感じで、徐々に飼った猫の行動パターンを把握して、安心してケージ外でも飼えそうだな?


って感じた時に、ケージの外で長時間留守番させるのもいいかもですね。

ご飯と水の準備はしっかりと



留守番させる際には、水とご飯の準備はしっかりしておきましょうね。


ただ、大量に与えると太ったり、健康によくありません。


なので、自動エサやり機などの便利な物を使って、定時に餌を食べさせれるようにしましょう。

ちなみに猫のご飯って、ある程度質にこだわってくださいね。


なぜなら、

  • 激安フードだと、添加物だらけだから。

  • 猫の毛の艶が、激安フードだと無くなる

  • 激安フードだと、猫の健康に悪い。

  • だからです。

    >>>ちなみに、そこそこ質にこだわったご飯でオススメはこちらです。

    キャットタワーや爪とぎの準備




    それと、ケージの外で飼えるようになった場合、猫ちゃんのリラックスの場としてキャットタワーを準備してあげましょうね。


    それと、留守中のストレスを発散するために、爪とぎも準備してあげれば完璧ですね。


    室温は26度から28度くらいにしておく


    室温も、結構大事ですね。


    適温の26度から28度くらいになるようにしましょう。


    特に夏場は、クーラー代がかかってしまいますが、ちゃんとクーラーつけて外出しましょうね。